みかづきの色々

デバイス(スマホからキャンプ用品まで)とかプログラミングとか中心のいろいろ試験的なブログ。

テントの問題(Bundok Tipi 1 を試してみました)

  • うちのテントは狭い
    • 信頼性と引き換えに居住性は悪い
    • 雨ふりでも設営できるようにしたい。
  • 実際に別のテントをテストしてみました。
    • Bundok Tipi 1
      • テスト(2019/10/5-6 道志の森キャンプ場)
      • 印象
      • 設営の難易度
      • テスト結論
  • このテントはいいかな?(妄想)
    • テンゲルスタンダード
      • 中が広く、天井も高く
      • 入り口が広い。
      • なんと、専用の土間の敷物まである!
      • お値段が、クロノスドーム1型とほとんど変わらない。
      • 引き換えになるマイナス点は以下の通り。

うちのテントは狭い

うちのテントは狭い、という根本的な問題が発覚。

続きを読む

小さなお鍋の物語

GWに北海道、この秋に下北半島にバイクで行き、キャンプもしてきたわけだけど、いくつかわかってきた事がある。
それは以下。

  • いかに雨天で野営するか
  • 鍋釜をどう整理するか

これらのうち、今回は鍋釜について語りたいと思う。

現在使っている鍋釜をリストアップ(バーナー編)

僕は夜、よく一杯やりながらテーブル上で、アルコールバーナーでウインナーや肉を焼いて食べます。
(ちなみに原体験は、アニメの『アルプスの少女ハイジ』です。
おじいさんたちが冬の家に降りてきた時、テーブル上で携帯バーナーで食材をあぶって皆で食べるシーンがあるのですよ。
たぶん原始的なパラフィン用か、アルコールのバーナーでしょう)

ゆえにアルコールバーナーも燃料もあるので、それを前提にした構成になります。

トランギア・ストームクッカーS

説明いらんでしょう。
こいつと、あわせて買ったトランギアのミニケトル(一緒にパッキングできる)がうちのメインバーナーです。

次は予備。

Gaobabuキャリボ風防(専用クロス五徳+収納ポーチ付き)

うちは風防を使ってない事、トランギア型のアルコールバーナーをいくつも持っている事から選択。
そのへんのやつ(たぶんエスビットのやつ)を使い、輸送用には60mlのナルゲンボトルと100円ライターを一緒に入れてます。

現在使っている鍋釜をリストアップ(クッカー編)

ストームクッカーの鍋は使いにくいので、用途に応じて以下を持っています。

ちびパン

これをラバーグリップと専用リッドと一緒に使ってます。
なお、油は百均のしょうゆスプレーにオリーブオイルいれて持参。


モンベルアルパインクッカー14

主にフタをストームクッカー用に使っている。
ストームクッカーSって、いい鍋蓋がないんですよ。ツンドラ3についてくるリッドなんか、中のものが冷えるとソースパンと接着してしまうという、おまえバカにしてんのかって言いたくなる欠点がありますし、平べったさも足りないです。
ゆえにモンベルのを使います。大きいソースパンにピタリ合うし、Sの中に収納もできます。

なお、鍋側はストームクッカーSには合わなですけど、サブバーナーとあわせて無理やり使ったり食器にしたり。

歩林(BULIN)クッカー セット スポンジつき

安い小型クッカーです。Baubabuキャリボ風防一式が中にスポッと入りまして、これだけでラーツーならOKです。

現在の問題点

フライパンが小さい

ストームクッカーのフタ兼フライパンを使うしかないですかねえ……うーん。

ごはん鍋がない

よくネット記事で、ユニフレームのライスクッカーミニDXがストームクッカーに合うと言ってますが、あれはストームクッカーLです。Sには合いません。
ちなみに、ライスクッカーミニをどうしても使いたいなら、以下がオススメです。

ごはん鍋は調査中で、実はこんなのも買ってます。
サイズ的にはピタリなんですけど、ホーロー製でちょっと重い。

テント更新について

このGWに北海道に行ったことで、いくつかの問題点が明らかになった。

の写真
美深森林公園にて

冬用寝袋がいる。

氷点下には耐えられなかったので、今の寝袋は冬キャンには使えないだろう。
このあたりかな。

webshop.montbell.jp

テントが狭い

今使っているモンベル・クロノスドームは良品だが、入り口が狭くて正直きつかった。
このあたりを考えている。

居住性を考えると以下もありだが、まずは小さいのが欲しいかな。


自在金具を活用できていない。

これはサンプルを買って色々勉強している。

とりあえずテントをゲットして、近日中にトライしたい。

ただいま道内にいます

札幌の近くの野幌ってとこですね。
上陸以降、ずっとキャンプだったんですが、悪天候とルート選択ミスで近郊にキャンプ場がなく、宿に避難しました。

ちなみに、こんな感じです。

  • 4/27夕刻発
  • 東北自動車道を北上、4/28朝四時に青森着
  • 4/28始発の船で函館に
  • 4/28夜は、洞爺湖畔のキャンプ場に
  • 4/29夜は、美深森林公園に
  • 4/30夜は、上富良野の日の出公園に。

 富良野の知人宅を訪ね、23年ぶりに再開。

  • 5/1夜は、野幌の安宿に(今ここ!)

明日の予定は未定。
ただし石狩方面はキャンプ環境が悪そうなので、天候によらず避難予定。

月居隧道(つきおれずいどう)

f:id:mikaduki99:20190415130831j:plain
月居隧道

続きを読む

一日の移動限界について考える

いうまでもないんですが、現在の僕に若者時代の体力はありません。
そしてレブルも、あまり遠出には向いてない。

この状況で遠出というので、考えてみたんですが……うーん。
大間崎まで一日ってのは、ちょっと遠いなぁ。

  • 新宿区から大間港まで
  • 新宿区から薬研温泉まで
  • 長距離移動装備
    • 腹巻き
    • オーバーパンツ

新宿区から大間港まで

続きを読む

月崎隧道リベンジ

一回目は現地にたどり着けず、二回目はバイクのトラブル。
なかなか悩まされましたが、やっとたどり着けました。

月崎隧道にたどり着いた図
月崎隧道

ビビったんですよねえ。
「三度目の正直」っていうけどさ。
「二度あることは三度ある」ともいうでしょう?

いやマジで。

  • アプローチ
  • 現地のアプローチ
  • 月崎隧道
  • 現地に行く際の注意
    • 行くなら冬がオススメです。
    • 歩行者や他の車に注意
続きを読む