読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかづきの色々

デバイス(スマホからキャンプ用品まで)とかプログラミングとか中心のいろいろ試験的なブログ。

バイクと身の丈

ちょっとバイク選びで迷っているところがある。
98年で止まってるってバイク屋の店長さんの鋭い指摘もあるし、ここでいったん原点にかえってみようと思う。


さて皆さん、自分にフィットするバイクって考えたことがあるだろうか。


昔からよくある事なのだけど。
誰もが羨む大型車を持っているのに、旅には小型や原付で出る人がいますよね。

  • AX-1を持っているのに、山梨の実家に帰るのはいつもAV50の先輩。
  • NSRだって持っているのに、ぽんこつのXL400Sで旅行する人。
  • ハーレー持ってるのに、北海道にはハンターカブで来てたおじさん。

変人はどこにでもいるって言われそうですけど、僕はそんな人を無数に見てきました。
むしろ、僕の親しい人では多数派の考え方だと思います。

で、彼ら全てにだいたい共通しているのが。

「なんで、こいつで行くかって?気軽だからだよ」

だったんですよね。

立派なツアーマシンよりも、手ごろな小型がいい。
なるほど、それはすごくわかる。

僕の理想のオートバイはもともと、ここから始まっています。
いつでも、どこでも止まれる。
すなわちまさしく「身の丈にあった機動力」が骨子なのです。
スピードがどれだけ出るとか、どんだけ快適かとか、それは二次的なものにすぎない。
そもそも出先でスポーツ走行なんて絶対しませんし。

え、きれいごとだって?
それ違います。
今はなき父、まぁクルマの人ですけど、いつも言ってたんですよ。
自分の行動範囲でない土地で無茶な走りはするものではない」って。

僕もこれは激しく同意なんです。

f:id:mikaduki99:20161202102058j:plain
その意味では、僕にとってはこの小さなCL400ですら、少しだけ気負いがあります。
理由はひとつ。キックスターターですね。
交差点で突然止まったらどうしようってのは、どうしてもありますから。
こればっかりは、さすがにCLでもどうしようもない。

あとオフ車もそう。
シート高い。
僕の長くない足をあげて、またがらなくちゃダメでしょう?
当然、そこいらの原チャリよりは気負いが入ります。

---

そんな僕の理想のオートバイを言えと言われたら、それは小型クラスの実用車になります。
高速は乗れないし、スポーツバイクのように飛ばせない。オフ車のように山道もぶっ飛ばせない。
そりゃ当然そうなります。
今は環境面で選びにくいですけどね。
下道混んでる時に高速でショートカットできないもの。

だけど小さい、軽いっていうのは大きな武器になるのです。
何しろ気軽に乗り回せるし、工事現場や砂利道も気にする事はない。
かりに完全ロード車でも小型以下なら、最悪押して抜けちゃってもいいんだから。
カテゴリーによる制限が大きなバイクよりもユルい。

おまけに、たとえばスーパーカブに正装で来た男性を見て眉をしかめる田舎の人はまずいない
これは実際、背広に革靴、カブという保険屋みたいな恰好で旅行した経験からいうんですけども。
どぎつい色彩や派手な恰好はスポーツとしてはいいけど、ソーシャルなインパクトがある事も忘れちゃいけない。
ゆえに。
弁当積み込んでトコトコいくなら、まさに小型は無敵のツーリングマシンと言えます。

ただ現状、高速乗れないと困る環境なので最低でも軽二輪が必要なのです。

あー……400Xに「身の丈にあわない」違和感を覚えたのはそれかぁ。
すごいバイクだと思うんだけど……アドベンチャーってロマンの体現みたいなマシンなんだもんなぁ。
気負いすぎなんだ。
あと、シートが高すぎる気もする。
すちゃっと乗って、ばばーっと走れないと気軽じゃないかもしれん。

すみません店長。
まぁ、ここ見てないでしょうけども……。


……うん。
やっぱり気軽に乗れる方がよさそうだ。
この際、スポーツ面にエッジの効いたマシンは全部外そうか。

年が明けたら、どこかで現行車の試乗でも相談してみよう。
店長とこはカワサキだから、こればっかりは無理だし……。
やっぱりここは、試乗受付やってるようなウイング店かな?